メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安部龍太郎さん

直木賞作家、「平城京」知事と語る /奈良

荒井正吾・奈良県知事と新著「平城京」について話す安部龍太郎さん(右)=滋賀県庁で、大川泰弘撮影

 直木賞作家の安部龍太郎さん(62)が13日、県庁を訪れ、新著「平城京」(角川書店、1944円)について荒井正吾知事と話し合った。安部さんが「平城京は詔(みことのり)からたった2年で造られた。昔の日本人の方が優秀だったかもしれない」と話すと、荒井知事は「公共工事では昔の方が立派。今はちょっと弱い」と応えた。

 安部さんは小説誌で平城京の連載を始める前の2016年春にも、知事を訪問している。「短い期間で原野を…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
  5. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです