メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安部龍太郎さん

直木賞作家、「平城京」知事と語る /奈良

荒井正吾・奈良県知事と新著「平城京」について話す安部龍太郎さん(右)=滋賀県庁で、大川泰弘撮影

 直木賞作家の安部龍太郎さん(62)が13日、県庁を訪れ、新著「平城京」(角川書店、1944円)について荒井正吾知事と話し合った。安部さんが「平城京は詔(みことのり)からたった2年で造られた。昔の日本人の方が優秀だったかもしれない」と話すと、荒井知事は「公共工事では昔の方が立派。今はちょっと弱い」と応えた。

 安部さんは小説誌で平城京の連載を始める前の2016年春にも、知事を訪問している。「短い期間で原野を…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです