メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真鍋博

県出身のイラストレーター“全仕事”細密に記載 日記類、県立図書館で公開 /愛媛

1987年、愛媛県新居浜市で開いた展覧会で自らの作品を説明する真鍋博=愛媛県立図書館提供

 旧別子山村(現・新居浜市)出身で日本のイラストレーターの先駆者・真鍋博(1932~2000)が克明に記した日記類が松山市堀之内の県立図書館で展示されている。装丁やイラストのほか、講演や会合、座談会など、真鍋が関わった全仕事を1冊にまとめたノートもあり、遺族は「同世代と時代を共有するだけでなく、未来の世代とも共有できる可能性のタネをまきたかったのでは」と話している。28日まで。【松倉展人】

 真鍋は1960~70年代に星新一、筒井康隆らの本の表紙画を手がけ、21世紀の社会像を予測した都市の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです