メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土佐酒アドバイザー

利き酒や歴史学ぶ 高知で研修 /高知

講師が実演するきき酒の方法に耳を傾ける受講者=高知市廿代町の県酒造組合で、植田憲尚撮影

 高知の酒の専門家「土佐酒アドバイザー」になるための研修が13日、県酒造組合(高知市廿代町)で始まった。今回で15回目で、受講生は各分野の専門家から酒税や酒造りの概論、土佐酒の歴史や利き酒の手法などを学ぶ。

 土佐酒アドバイザーは酒造関係者から一般の日本酒愛好家まで、成人であれば誰でも挑戦できる。今年は23人が受講し、冒頭に開講式があった後…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです