メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

堀晃さん個展 福岡日動画廊 /福岡

 山口県下関市豊浦町在住の洋画家、堀晃(ひかる)の個展が、福岡市中央区渡辺通1の福岡日動画廊(ホテルニューオータニ博多1階)で開かれている。新作を中心に、アクリル画約30点。

     1952年生まれ、広島大卒。安井賞展などで活躍し、2015年には山口県文化功労賞を受けている。

     本展出品作の一つ、「季節の行方」(50号)は、巨大な岩を思わせる形象が画面の半分ほどを占める。その周りでは雲がたなびき、背景の空は黄金色に輝いている。どこか現実離れした気配が漂う。この画家ならではの豊かな詩情と手堅い構成力が光る作例。せいひつなたたずまいながら、雄大な自然の迫力も感じさせる。

     細密な絵肌の具象で知られる堀だが、波を表した抽象風の新作は奔放、かつ疾走するような筆致が印象的。画家の新境地を示す。

     17日まで、会期中無休。問い合わせは福岡日動画廊(092・713・0440)へ。【渡辺亮一】

    〔福岡都市圏版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]