メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書道展「書の銀河」

アニメ放映40年を記念 「999」題材に57作品 小倉北 /福岡

 北九州市出身の漫画家、松本零士さんの代表作「銀河鉄道999」にちなんだ書道展「書の銀河」が小倉北区の市漫画ミュージアムで開かれている。

     毎日書道会会友で心輝(しんき)書道会を主宰する吉田月華さんと門下生が「999」アニメ放映40年を記念して開いた。「これからの星が無数にある」「いつかこの星が平和になったら会おう」など、作品中の名言を題材にした57作品が並ぶ。書道展のために「999」全12巻を読み直したという吉田さんは「般若心経のような、哲学的な世界に魅せられた」。自らも表題のほか、第13巻「アンドロメダの雪女」に題材を得た作品など3点を出展した。

     8月2日まで。7月1、7日には吉田さんの指導による書道のワークショップ(無料)もあり参加者を募集している。問い合わせは同ミュージアム093・512・5077。【伊藤和人】

    〔北九州版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
    4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]