メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はんぎり競漕

“笑い誘う” 筑後・古島小プール開き /福岡

 筑後市立古島小(児童数75人)で13日、プール開きに合わせて恒例の「はんぎり競漕(きょうそう)」があった。

     1970年ごろまで水路などに生えるヒシの実を取るのに「はんぎり」と呼ばれる木おけに乗っていた風習を伝えようと40年前に始まった行事。子供たちは直径70センチ、深さ35センチのはんぎりに1、2人ずつ乗り、木のかいを使ってこいだ。

     バランスを取るのが難しく、その場でぐるぐる回って進まなかったり、引っ繰り返ったりする子が相次ぎ、笑いを誘っていた。6年生の下川載世(たいせい)さん(11)は「なかなかうまく進めず残念。今年で最後なのが寂しい」と話していた。【上田泰嗣】

    〔筑後版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 転落 中学校で生徒、意識不明 相模原
    2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
    4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
    5. 性的暴行 男子高生に 容疑でマッサージ師逮捕 菊池署 /熊本

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]