メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 福岡市社会福祉協議会ボランティアセンターは、7月7日から「視覚障害者支援ボランティア入門講座」(全4回)を、センターが入る中央区荒戸3の市民福祉プラザで開く。ボランティアに関心がある人を対象に、参加者を募集している。

     視覚障害者が駅のホームから転落する事故が相次いでいることから、同センターが講座を通じてさまざまなボランティアを紹介し、視覚障害者の生活を支援する活動につなげてもらおうと企画した。

     講座では、当事者の話とボランティアの心得▽点字や録音図書▽パソコンの音声読み上げ▽手引きによる外出支援--などについて学ぶ。先着25人で、参加費無料。申し込みは同センター092・713・0777(日、月曜は休み)へ。【山崎あずさ】

    〔福岡都市圏版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]