メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中朝指導者の戦争観=坂東賢治

 <moku-go>

 1960年代の中国に「山、散、洞」という方針があった。山に隠し、分散させ、洞穴に入れるという意味だ。軍需工場などはこの方針に従って内陸部に設置された。

 非効率な政策を推進したのは米ソ両超大国との対立が原因だ。トウ小平(とうしょうへい)氏は「我々はずっと戦争は不可避と考えていた」と語っている。

 今の北朝鮮とよく似ている。すべては戦争に備えた体制で、ハリネズミのように外の世界に対峙(たいじ)し…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1044文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです