メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者アンケート

誤った用語・説明 取材者側に課題

性の多様性を訴えるイベント「東京レインボープライド2018」でパレードする参加者=東京都渋谷区で5月6日、西本勝撮影

 同性カップルをパートナーとして公的に認める自治体の広がりなどで、LGBTなど性的少数者がニュースとして取り上げられる機会が多くなっている。報道する側に理解や配慮が足りなければ、当事者への誤解や偏見を広げかねない。毎日新聞がメディアの取材を受けた経験がある当事者70人にアンケートしたところ、報道で誤った用語の使い方や説明がされていると感じた人は約8割に上り、取材する側の課題が浮かんだ。【藤沢美由紀、中嶋真希】

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2029文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです