メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

デジタル時代の改ざん防止 「人間は不完全」認めてこそ=武田徹

 先日、カメラメーカーのキヤノンがフィルムカメラの販売終了を発表した。デジタル化による物理的な記録媒体離れはあらゆる領域で進み、写真の世界も例外ではない。

 こうした技術的な世代交代との関係を改めて考えてみたいのが財務省の公文書改ざん事件だ。

 人はなぜ記録を残すのか。それは過去を参照して現在の軌道を修正し現在の検証を未来に委ねるためだろう。そこで踏まえられているのは人間は不完全な存在だという認識だ。不完全な人間が考え、行うことだから参照と検証の不断のプロセスを通じて改善しなければならないのだ。

 そうした参照と検証に役立てる記録は利用者の都合で恣意(しい)的に改変されては困る。確かに固定されて…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 滋賀湖東事件の再審開始が確定 最高裁 元看護助手の全面無罪の公算大
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです