メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

「中東衝突、日本の役割期待」 ユダヤ系団体副所長、軍の銃撃を擁護

「サイモン・ウィーゼンタール・センター」副所長のエイブラハム・クーパー師=米ロサンゼルスで2018年6月7日、ルーベン・モナストラ撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】パレスチナ自治区ガザでパレスチナ市民のデモ隊とイスラエル軍の衝突が続く問題を巡り、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(ロサンゼルス)副所長のエイブラハム・クーパー師(67)はインタビューで「宗教的ではない日本は中立的な立場で、中東の紛争を和らげる役割を果たせる」と期待した。

 米国が在イスラエル大使館をエルサレムに移転したことに対し、デモが続き、5月14日には衝突で60人以…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  3. 夏の高校野球 金足農の吉田、守備で頭脳的なプレー
  4. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです