メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

「中東衝突、日本の役割期待」 ユダヤ系団体副所長、軍の銃撃を擁護

「サイモン・ウィーゼンタール・センター」副所長のエイブラハム・クーパー師=米ロサンゼルスで2018年6月7日、ルーベン・モナストラ撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】パレスチナ自治区ガザでパレスチナ市民のデモ隊とイスラエル軍の衝突が続く問題を巡り、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(ロサンゼルス)副所長のエイブラハム・クーパー師(67)はインタビューで「宗教的ではない日本は中立的な立場で、中東の紛争を和らげる役割を果たせる」と期待した。

 米国が在イスラエル大使館をエルサレムに移転したことに対し、デモが続き、5月14日には衝突で60人以…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 尼崎脱線 母、犠牲者碑に「遼太」を 3年半後命絶つ
  4. JR福知山線脱線 遼太も事故の犠牲者 PTSDで失った命 母・岸本早苗さん、震災「遠因」刻む碑訪ね /兵庫
  5. 福岡 軽トラでドリフト 道交法違反容疑で書類送検 田川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです