メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2月に死刑廃止を訴える集会に出席後、姉秀子さん(左)と会場を後にする袴田さん。再審の可否の判断は最高裁に移ることになる=東京都千代田区で2018年2月24日、小川昌宏撮影

 「拘置をこれ以上継続することは、耐えがたいほど正義に反する」。2014年に袴田巌元被告(82)の再審開始を認めた静岡地裁は死刑停止と釈放を同時に認める決定を出した。再審確定前の死刑囚の釈放は戦後初めてで、元検察幹部は「あり得ないと思った」と振り返る。逆に、日本弁護士連合会で死刑廃止運動に取り組む小川原優之弁護士(64)は「誤判による死刑執行の恐れは現実的」との思いを強くした。

 日弁連は16年、「冤罪(えんざい)による処刑を避けることはできない」などとして袴田事件を例示した上…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです