メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電強制起訴公判 津波対策先送り、専門家が「当然」

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第16回公判が13日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。津波工学を専門とする首藤伸夫・東北大名誉教授が証人出廷し、旧経営陣が2008年に津波対策を「先送り」したと指摘されている点について「当然と思う」と理解を示し…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです