メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は2級 北朝鮮の非核化って?

握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=シンガポール・カペラホテルで12日、ロイター

 <くらしナビ おとなへステップ>

     ◆問題 きたちょうせんかく開発に関連して、正しい記述を次から一つ選びなさい。

    (1)北朝鮮の最初のかくじっけんは冷戦終結より前だった。

    (2)北朝鮮は核実験全面禁止条約(CTBT)に加盟していたが、だっ退たいを一方的に宣言した。

    (3)国連安全保障理事会(安保理)は北朝鮮への石油精製品輸出を制限する決議をさいたくしたことがある。

    (4)国連安全保障理事会(安保理)がこれまでに採択した北朝鮮への制裁決議はすべて、北朝鮮の核実験に対するものだ。

     =2018年度版検定公式問題集(1・2・準2級)より、 2級(高校生、大学生・いっぱん)の練習問題


     ◆くわしく解説 外信部デスク・米村耕一

    対米関係改善進まず孤立感

     もともと北朝鮮が核開発を本格化させた背景には、冷戦終結でソ連(当時)・とうおうなどの経済・安全保障上の支えを失う一方、米国との関係改善は進まず、りつ感を深めたことがあります。

     1985年にかくかくさん防止条約(NPT)に署名した北朝鮮は、92年には国際原子力機関(IAEA)による査察も受け入れました。しかし、査察によって核開発に関する北朝鮮の説明のじゅんが明らかにされると反発し、93年にはNPTからの脱退を宣言しました。その後の北朝鮮は、核問題で国際社会の要求に応じるかのような姿を何度か見せつつ、結局は核によって米国の軍事力とたいする道をすすみます。

     94年に核開発をとうけつすればけいすい建設をえんするという「わくみ合意」が米朝間で結ばれ、北朝鮮はいったんNPTのわくないにとどまりました。しかし、2001年にきょうこうな対北朝鮮政策を取るブッシュ政権が誕生すると、03年に再びNPTからの脱退を表明しました。

    米朝間に信頼関係が必要

     北朝鮮は06年に最初の核実験にり、その後17年までに6回の核実験、並行してだんどうミサイル開発も進めました。これに対し、国連安全保障理事会は06年から17年末までに12回の制裁決議を採択しています。特に17年には北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を加速させたことについて、石炭や海産物の輸出を禁じた2371号(8月)、石油精製品の北朝鮮への輸出を事実上禁じた2397号(12月)などの決議が相次いで採択されました。

     国際社会は北朝鮮に「完全かつ検証可能で不可逆的なかく」(CVID)を求めています。12日には史上初の米朝首脳会談が開かれ「非核化」について協議されましたが、根本的な問題解決のためには、核問題をめぐって米朝間にしんらい関係が作られる必要があると言えます。=次回は7月12日に掲載


     ◆答え

     (3) (1)最初の核実験は2006年でした。(2)核拡散防止条約(NPT)に加盟していましたが、脱退を一方的に宣言しました。(4)ミサイル発射を受けた制裁決議もあります。


    N検 NEWS 時事能力検定

     「ニュース時事能力検定試験」(NPO日本ニュース時事能力検定協会、毎日新聞社など主催、日本商工会議所など後援)は小中学生レベルの5級から大学生・一般レベルの1級までに分けて実施。合格者には合格証書が発行されます。公式テキスト・問題集・ワークブックも販売中です。詳細は公式サイト(http://www.newskentei.jp/)をご覧になるか、検定協会事務局03・5209・0553(平日10~17時)へどうぞ。


     ■ことば

    CVID

     「完全(Complete)かつ検証可能(Verifiable)で不可逆的(Irreversible)な非核化(Denuclearization)」の英語のかしらをとった。北朝鮮がかくぶっしつせつかくさずに全て申告し、IAEAなどによる十分な査察を受け入れ、そのうえでかくへいや施設をほうした後に再び開発に取り組めないような形で非核化を進めることを指す。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. 堺・男性殺害 逮捕の姉 弟の妻中傷するビラ、近所にまく
    4. 銀魂 実写版続編に三浦春馬&窪田正孝“参戦”! 伊東鴨太郎、河上万斉のビジュアル公開
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]