メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー イラン代表にシューズ提供停止 米ナイキ、制裁措置受け

練習でナイキのシューズを着用するイランのケイロス監督=モスクワで12日、AP

 【カイロ篠田航一】W杯ロシア大会の14日の開幕を前に、米スポーツ用品大手ナイキは11日、イラン代表選手へのシューズ提供の停止を決めた。英BBCなどが伝えた。トランプ米政権が5月に表明したイラン核合意離脱と経済制裁再発動が背景にあり、国際政治での対立がスポーツの祭典にも影を落とした。

     ナイキは過去の大会ではイラン代表にシューズを提供してきたが、今月11日の声明で「制裁措置のため、米企業として今回は提供できない」と表明。これに対しイランのケイロス監督は「私たちはただの監督と選手であり、(国際政治の)問題に巻き込まれるべきではない」とナイキの決定を批判した。選手が個人的にナイキ製品を買うのは自由だが、ナイキ側からの提供はないという。

     イランは15日にモロッコとの初戦に臨む。報道によると、W杯に出場する選手の多くはナイキのほか、独スポーツ用品大手アディダスなどの製品を使用しているという。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]