メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
旧優生保護法を問う

北海道、熊本でも一斉提訴 中絶強制も 28日、国に賠償請求

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、北海道と熊本県に住む80~70代の男女4人が、国に損害賠償を求め、28日に札幌地裁と熊本地裁に一斉提訴する方針を固めた。このうち北海道の75歳女性は、人工妊娠中絶も同時強制されたとし、81歳の夫と「子どもを持つ権利を奪われた」と訴える。

     一連の国賠訴訟の原告は計8人となり、一斉提訴は先月17日に次ぐ2例目。

     西日本では初の提訴で、訴訟は全国に拡大している。

     北海道と熊本県の弁護団によると、28日に提訴を予定しているのは道中央部に住む女性(75)と夫(81)、熊本県内の男性(73)と女性(71)の計4人。これまで提訴したのは、北海道、宮城、東京の男女計4人。

     北海道の夫婦は不妊手術に加え、旧法下で人工妊娠中絶も強制されたことへの損害賠償も求める考え。女性は幼児期にかかった熱病の影響と見られる知的障害を持つ。77年に結婚し、81年に妊娠したが、親族が妊娠に気づき、北海道滝川市の病院で中絶と不妊手術を強いられた。夫婦は「著しい苦痛を受けた」としている。

     熊本県の73歳男性は幼少時に変形性関節症を患い、身体に障害が残る。小学生の頃に本人の同意なく睾丸(こうがん)を摘出する手術をされた。また、同県の71歳女性は20代のころに妊娠した際、中絶と不妊手術をされたという。女性は一斉提訴に遅れる可能性もあるという。【日下部元美、中里顕】

        ◇

     旧優生保護法をめぐる国賠訴訟は、提訴した人と提訴予定を明らかにした人を合わせると11人にのぼる。このうち、兵庫と福岡の3人の提訴日は未定。訴訟が全国に広がり始めた背景には、今年1月末の宮城県の60代女性の提訴をきっかけに社会的な関心が高まり、被害者が声を上げやすくなってきたことがある。

     先月27日には「全国優生保護法被害弁護団」も発足し、相談電話などを通じて被害者の掘り起こしが進んでいる。【遠藤大志】


    旧優生保護法をめぐる国賠訴訟の状況(★は活動名)

     ◆提訴済み

    60代の女性       宮城 「遺伝性精神薄弱」を理由に15歳で手術された

    飯塚淳子さん★(70代) 宮城 16歳で手術された

    小島喜久夫さん(77) 北海道 10代後半で精神科病院に入院させられ手術された

    北三郎さん★(75)  東京都 中2の時、仙台市の教護院(当時)で手術された

     ◆提訴予定

    81歳の夫と75歳の妻 北海道 (夫)子供を持つ権利を奪われた(妻)1981年に妊娠、中絶と不妊手術をされた

    高木賢夫さん(79)

    妙子さん(77)     兵庫 (夫)聴覚障害者。結婚直前、家族が提案し手術された

    吉瀬渉さん(80)    福岡 聴覚障害者。結婚直前、病院に連れていかれ手術された

    73歳の男性       熊本 小学生の頃に県内の病院で手術をされた

    71歳の女性       熊本 妊娠した20代の時、中絶と不妊手術をされた

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです