メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

渡部二段が初女流王位

 第29期女流王位戦五番勝負(新聞三社連合主催)の第4局は13日、徳島市で行われ、挑戦者の渡部愛(まな)女流二段(24)が里見香奈女流王位(26)に139手で勝ち、3勝1敗で初の女流タイトルとなる女流王位を獲得した。渡部は規定により女流三段へ昇段した。

     渡部は北海道出身。2013年に女流プロとなり、今回が女流タイトル初挑戦だった。16年にはNHKの将棋番組で講座の聞き手を務めた。日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属。

     里見は女流王座・女流名人・女流王将・倉敷藤花の女流4冠に後退した。

     渡部は「(初タイトルだが)他棋戦で負けているし、実感が湧かない。力を付けることを第一にやっていきたい」と語り、里見は「結構大きなミスが目立ったので仕方がない」と淡々と語った。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]