メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる民泊

/上 新法施行、あす全面解禁 規制強化「ヤミ化」懸念 安価な施設、需要多く

 福岡市早良区の閑静な住宅街で、スーツケースを引いた外国人の姿が突如目立つようになったのは昨年12月のことだった。理由は住宅街の一角にある新築の一軒家。近隣住人によると、完成してすぐ市内の中国人男性に貸し出され、その後、インターネットの民泊仲介サイトに「1泊7254円」で掲載されるようになった。

 「違法民泊では」。そう問いただす住人らに、男性は「世話になった人を泊めているだけ」と答えた。1月には利用者が車をこの家の塀にぶつける事故も発生。警察に相談しても「家の利用実態がつかめない」と取り合ってもらえなかった。

 5月末、記者は問題の家を訪ねた。呼び鈴を鳴らすと、金髪の中年女性が子供2人を連れて出てきた。女性は…

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです