メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜地裁

原本作らず判決36回 判事懲戒、高裁に請求

 判決書原本に基づかず民事訴訟の判決を言い渡していたとして、岐阜地裁は13日、同地裁の山崎秀尚(ひでひさ)判事(58)の懲戒を名古屋高裁に申し立てた。山崎判事は「事件処理に追われて、やむなく行っていた」と大筋で事実関係を認めているという。

 岐阜地裁によると、山崎判事は名古屋地裁岡崎支部判事だった昨年4月17日~今年3月30日の間、36件の民事訴訟で判決書の原本の作成を怠り、草稿に基づいて判決を言い渡していた。民事訴訟法は判決書の原本に基…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 金曜ロードSHOW! 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が地上波初放送 ノーカットで
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. 露大統領 平和条約締結提案、日本が拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです