メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

天守閣バリアフリー、名古屋市長が国に方針説明

 名古屋城天守閣の木造復元を巡り、名古屋市の河村たかし市長は13日、文化庁を訪れ、新天守閣にエレベーターを設置せず、新技術でバリアフリー対策を講じるという市の方針を山崎秀保文化財部長らに説明した。

     面談は非公開だったが、終了後に説明した市や同庁によると、同庁側は市に対し、バリアフリー対策について障害者団体の理解を得て丁寧に対応するよう求めた。また、復元の前提として石垣調査の着実な実施や、解体される現天守閣の価値を評価することも注文したという。

     面談後、記者団の取材に応じた河村市長は「2022年中の完成に向けてしっかりやると言ったので、理解は得られたと思う」と述べた。市の計画の妥当性を判断する同庁の復元検討委員会の開催については話題に上らなかったことを明らかにした。【道永竜命】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
    4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
    5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]