メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

下げ幅一時200円に迫る 米政策に懸念

 14日午前の東京株式市場は米国の通商政策や金融政策が懸念され、日経平均株価は反落した。下げ幅は一時200円に迫ったが、売り注文の一巡後は買い戻しも入った。

 午前終値は前日終値比80円23銭安の2万2886円15銭。東証株価指数(TOPIX)は7.26ポイント安の1793.11。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)では約…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文251文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  3. 愛知・小牧 隕石直撃、住宅の屋根壊す
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. あなたも狙われている STOP詐欺 組織、どんどん複雑化 県警「特殊詐欺特別捜査室」室長補佐・池田警部に聞く /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです