メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米世論調査

51%が支持 トランプ氏の北朝鮮対応

会談に先立ち握手をするトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年6月12日、AP

 【ワシントン山本太一】調査会社IPSOSなどが13日に発表した世論調査によると、米市民の51%が米朝首脳会談を含むトランプ大統領の北朝鮮対応を支持した。会談の成果を否定的にみる北朝鮮問題の専門家が多い中、世論の過半数からはお墨付きを得た格好だ。

 調査は会談後の12~13日、インターネットを通じ米国人1000人以上に実施した。北朝鮮情勢を巡って評価する各国指導者を尋ねたところ、首位はトランプ氏で40%、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領11%、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長7%と続いた。

 会談の共同声明では、金委員長が完全な非核化を、トランプ氏が北朝鮮に体制保証の提供をそれぞれ約束した…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです