メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連総会

120カ国賛成 パレスチナ市民保護決議案に

国連本部ビル=阿部徹雄撮影

 【ニューヨーク國枝すみれ】在イスラエル米大使館のエルサレム移転に抗議するパレスチナ自治区ガザのデモ隊がイスラエル軍の発砲で多数の死傷者を出したことを受け、国連総会(193カ国)は13日、緊急特別総会を開き、パレスチナの市民保護を求める決議案を120カ国の賛成で採択した。米国やイスラエルなど8カ国が反対し、棄権は45カ国だった。

     決議はイスラエル軍による過度な武力行使に「遺憾の意」も示した。ほぼ同じ内容の国連安全保障理事会の決議案は1日、常任理事国の米国が採決で拒否権を発動し、廃案になった。総会決議案に常任理事国は拒否権の行使ができないが、法的拘束力もない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
    3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]