メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江総合運動公園

誘導灯に木炭蓄電器 高専教授ら開発

木炭蓄電器を使った照明システムについて説明する福間真澄教授(左)ら=松江市の松江総合運動公園で、根岸愛実撮影

 松江市の松江総合運動公園のジョギングコースに、松江高専の教授らが開発して昨年特許を取得した「木炭蓄電器」を使う照明が設置された。木炭蓄電器は、従来のリチウムイオン電池などに比べ体積は大きいが、急速充電できて安全性が高く、経年劣化しにくい。さらに作るのが簡単なため、中山間地域でエネルギーを地産地消する一助となることが期待されている。【根岸愛実】

 「電気を電気のままためるので急速充電、急速放電できる。太陽光による発電と組み合わせれば、非常に効率…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです