メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火星探査車

大砂嵐で休眠 太陽光遮られ電力低下

 米航空宇宙局(NASA)は13日、火星で観測史上例がないほど大規模な嵐が起き、地表で活動を続ける無人探査車オポチュニティーが10日から休眠状態に追い込まれたと発表した。嵐で舞ったちりが太陽光を遮り、ソーラーパネルで十分な電力を得られなくなったためだという。

 オポチュニティーは2004年から火星表面で岩石の分析などを続ける探査車。老朽化もあり活動継続が危ぶまれ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです