メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

小惑星「リュウグウ」の画像公開 JAXA

小惑星探査機はやぶさ2が約920キロ離れた地点から撮影した小惑星「リュウグウ」=JAXA提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した目的地の小惑星「リュウグウ」の最新画像を公開した。はやぶさ2は27日ごろ、リュウグウ上空20キロの地点に到着する予定。

 画像は13日、リュウグウまで約920キロの地点で撮影した。ぼんやりとしているが、球形に近く、やや角張っているように見える。直径は1キロ程度とみられる。初代はやぶさが探査した小惑星「イトカワ」のようないびつな形ではなさそうだ。

 はやぶさ2は14日現在、リュウグウに対して秒速約1・7メートルで追尾しており、約700キロにまで近付いている。はやぶさ2プロジェクトチームの吉川真JAXA准教授は「形や大きさは想定と大きくずれていない。これからどう見えるか非常に楽しみ」と話した。

 今後も搭載カメラで撮影を繰り返し、リュウグウの正確な位置を確認しながら徐々に接近する。【池田知広】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]