メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
新幹線殺傷

車内の様子、JR東海が説明

刺殺事件の起きた東海道新幹線「のぞみ265号」=神奈川県小田原市で2018年6月10日午前0時32分、渡部直樹撮影

 東海道新幹線車内で9日夜に起きた3人死傷事件について、JR東海が13日、詳細を明らかにした。

     事件が起きた東京発新大阪行き「のぞみ265号」には運転士1人と車掌2人、車内巡回などを行うパーサー2人の乗務員5人(うち女性1人)がいた。

     新横浜駅を発車直後、乗客が押した非常ブザーで覚知。車掌長(30代男性)は10号車から12号車に駆け付け、車両中央で男性に馬乗りになって刃物で切りつけていた小島一朗容疑者(22)に対し、最初は座席の座面、その後は乗客が残したキャリーバッグを盾にして近づいた。「話を聞きますから」などと話しかけると、小島容疑者は動きを止めた。車掌長は、小田原駅で小島容疑者が逮捕されるまで15分間説得を続けた。

     もう一人の車掌は乗客の誘導を行い、パーサー2人は11号側のデッキに待機し、防火扉を半分閉めた。列車は小田原駅で負傷者を運び、その後の三島駅での乗り換えでは乗り合わせた同社社員2人や車内販売員も乗客誘導に当たったという。

     金子慎社長は13日の定例記者会見で「警察や消防が入りやすい小田原駅に移動した判断は適切だった」とし、車掌らの連携がとれていたと評価した。一方で、「乗務員間や指令との連絡に追われ、車内放送をほとんどできなかったのは反省点」と述べた。【黒尾透】

     ◆JR東海による事件の経過◆

    (6月9日)

    21:23 のぞみ265号が東京駅出発

    21:42 新横浜駅出発

    21:45 12号車で男が暴れる

    21:46 乗客により非常ブザーが押される

    21:47 運転士が走行停止(神奈川県綾瀬市)

    21:48 10号車にいた車掌長が12号車に到着

    21:49 指令が県警小田原署へ小田原駅に向かうと連絡

    21:53 運転を再開

    22:03 小田原駅到着、負傷者搬送、小島容疑者を逮捕

    (6月10日)

     0:50 小田原駅発車

     1:01 三島駅到着、車両を交換し乗客が乗り換え

     1:21 三島駅を出発

     3:04 名古屋と京都経由で新大阪駅に到着

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]