メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜地裁

判事懲戒を申し立て 判決書原本に基づかず判決

 判決書原本に基づかず法廷で民事訴訟の判決を言い渡していたとして、岐阜地裁は13日、同地裁の山崎秀尚(ひでひさ)判事(58)の懲戒を名古屋高裁に申し立てた。山崎判事は「事件処理に追われて、やむなく行っていた」と大筋で事実関係を認めているという。

 岐阜地裁によると、山崎判事は名古屋地裁岡崎支部判事だった昨年4月17日~今年3月30日の間、36件の民事訴訟で判決書の原本の作成を怠り、草稿に基づいて判決を言い渡していた。民事訴訟法は判決書の原本…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです