メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜地裁

判事懲戒を申し立て 判決書原本に基づかず判決

 判決書原本に基づかず法廷で民事訴訟の判決を言い渡していたとして、岐阜地裁は13日、同地裁の山崎秀尚(ひでひさ)判事(58)の懲戒を名古屋高裁に申し立てた。山崎判事は「事件処理に追われて、やむなく行っていた」と大筋で事実関係を認めているという。

 岐阜地裁によると、山崎判事は名古屋地裁岡崎支部判事だった昨年4月17日~今年3月30日の間、36件の民事訴訟で判決書の原本の作成を怠り、草稿に基づいて判決を言い渡していた。民事訴訟法は判決書の原本…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです