メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

国際 北朝鮮「完全な非核化」約束 アメリカと共同声明に署名

共同声明を掲げる2人=AP
北朝鮮をめぐる関係

 シンガポールで会談かいだんしたアメリカのトランプ大統領だいとうりょう北朝鮮きたちょうせん金正恩朝鮮労働党委員長キムジョンウンちょうせんろうどうとういいんちょうは12にち共同声明きょうどうせいめい署名しょめいしました。そのなか北朝鮮きたちょうせんは、核兵器かくへいき完全かんぜん手放てばなすことを約束やくそくしましたが、実現じつげんする方法ほうほうまっていません。

    はじまり? みちなが

     両国りょうこくのトップが会談かいだんするのは史上初しじょうはつです。署名しょめいにあたり金委員長キムいいんちょうは「あらたな出発しゅっぱつらせる歴史的れきしてき声明せいめい署名しょめいする」といました。

     北朝鮮きたちょうせん非核化ひかくかが、今回こんかい会談かいだん最大さいだいのポイントでした。共同声明きょうどうせいめいに「完全かんぜん非核化ひかくか」はたしかにまれました。しかし、アメリカが北朝鮮きたちょうせんもとめていた「完全かんぜん核兵器かくへいき手放てばなし、それを専門家せんもんか確認かくにんさせ、ふたた開発かいはつしない非核化ひかくか(CVID)」という言葉ことばはいらず、いつまでに、どのように非核化ひかくかすすめるかは、約束やくそくされていません。

     今回こんかい北朝鮮きたちょうせんは、金委員長キムいいんちょうくに運営うんえいつづけることを、アメリカにみとめさせたいとかんがえていました。共同声明きょうどうせいめいでアメリカは、のぞみをかなえる約束やくそくをしましたが、それでもCVIDはまれなかったことになります。

     会談後かいだんご記者会見きしゃかいけんでトランプ大統領だいとうりょうは「(CVIDをむには)交渉こうしょう時間じかんがなかった」「完全かんぜん非核化ひかくかにはなが時間じかんがかかる」とみとめる一方いっぽうで、声明せいめい実行じっこうするためのはないをつづけると説明せつめいし、成果せいかをアピールしました。

     なが敵対てきたいしてきたアメリカと北朝鮮きたちょうせんあらたな関係かんけいきずくスタートラインについたことは、関係かんけいする国々くにぐに対応たいおうにも変化へんかをもたらしています。

     韓国かんこく文在寅大統領ムンジェインだいとうりょうは「歓迎かんげい」のコメントを発表はっぴょうしました。しかし、北朝鮮きたちょうせんとの対話たいわつづあいだ、アメリカぐん韓国軍かんこくぐん合同軍事演習ごうどうぐんじえんしゅう中止ちゅうしするというトランプ大統領だいとうりょうかんがえに韓国かんこく困惑こんわくしています。北朝鮮きたちょうせん友好関係ゆうこうかんけいにある中国ちゅうごくやロシアは、合同軍事演習ごうどうぐんじえんしゅう中止ちゅうしふくめて「歓迎かんげい」です。ただし、アメリカのリードで北朝鮮きたちょうせんをめぐる物事ものごとすすむことはよいとはおもっていません。

     さて、日本にっぽんは。非核化ひかくかには時間じかんがかかり、今回こんかい会談かいだんだけでは北朝鮮きたちょうせん危険度きけんどがったとはいえません。北朝鮮きたちょうせん日本人にっぽんじんった拉致問題らちもんだいをトランプ大統領だいとうりょう会談かいだんげたこともあり、はないをすすめるかどうか、見極みきわめのときむかえています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです