メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 大人おとなとしてあつかわれるひとを「成人せいじん」または「成年せいねん」とびます。日本にっぽんでは、民法みんぽうという法律ほうりつで、何歳なんさいから成年せいねんとするかをさだめています。

     民法みんぽうができるまえの1876(明治めいじ9)ねんから、140年以上ねんいじょう、「20さいから成年せいねん」とするルールになっていました。しかし、憲法改正けんぽうかいせい手続てつづきをさだめた「国民投票法こくみんとうひょうほう」(2007年成立ねんせいりつ)で、投票とうひょうできる年齢ねんれいが18歳以上さいいじょうとされたことがきっかけで、成人年齢引せいじんねんれいひげの議論ぎろんはじまりました。選挙せんきょができる年齢ねんれいについては、すでに16ねんに20さいから18さいげられています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
    4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
    5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです