メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第九

アジア初演から100年 ドイツ人捕虜が歌った 徳島県鳴門市で再現

徳島オーケストラ=ドイツ館提供
100年前の同時刻に行われた「第九」アジア初演を再現する演奏団=鳴門市大麻町の市ドイツ館前広場で6月1日、大坂和也撮影

 「歓喜かんきうた」としてられるベートーベン作曲さっきょくの「交響曲第九番こうきょうきょくだいきゅうばん第九だいく)」。日本にっぽん、アジアではじめて全楽章ぜんがくしょう演奏えんそうされたのは1918ねんがつついたち徳島県鳴門市とくしまけんなるとしにあったドイツへい収容所しゅうようじょでした。初演しょえんから100ねんむかえた今月こんげつついたち当時とうじ再現さいげんした演奏会えんそうかい「よみがえる第九だいく」が収容所跡近しゅうようじょあとちかくの鳴門市なるとしドイツ館前広場かんまえひろばひらかれました。

     鳴門市なるとしドイツかんによると、「板東俘虜ばんどうふりょ収容所しゅうようじょ」では1917~20ねん第一次世界大戦だいいちじせかいたいせん中国ちゅうごく日本軍にほんぐん捕虜ほりょとなったドイツ兵約へいやく1000にん生活せいかつしていました。

     当時とうじはどの収容所しゅうようじょでも、きびしい労働ろうどう不自由ふじゆう生活せいかついていましたが、板東俘虜収容所ばんどうふりょしゅうようじょには家具かぐ仕立したて、くつ、アイスクリームの販売はんばいなど80ほどの手作てづくりの小屋こやなら商店街しょうてんがいがあり、パン工場こうじょう印刷所いんさつじょ、ボウリングじょうなどもあったそうです。

     音楽活動おんがくかつどう活発かっぱつおこなわれ、楽団がくだん合唱団がっしょうだん結成けっせいされました。そして1918ねんがつついたち、ヘルマン・ハンゼンが指揮しきする「徳島とくしまオーケストラ」によって「第九だいく」が演奏えんそうされました。「第九だいく」にはよっつの楽章がくしょうがあり、「歓喜かんきうた」はだい楽章がくしょう歌詞かしをつけたものです。楽団がくだんに45にん、ソリストとして4にん合唱がっしょうに80にん参加さんかしました。

     ドイツへいたちがゆたかな生活せいかつおくれたのは、松江豊寿所長まつえとよひさしょちょうがいたからです。松江所長まつえしょちょう会津藩あいづはん出身しゅっしんです。はん戊辰戦争ぼしんせんそうやぶれ、くるしい生活せいかついられたことを父親ちちおやからいていました。弱者じゃくしゃをいたわり、ドイツへいたいして「かれらは祖国そこくのためにたたかい、やぶれたひとたちである」と生活環境せいかつかんきょう改善かいぜん上官じょうかんねばづよ交渉こうしょうしたそうです。「捕虜ほりょあまい」と非難ひなんけながらも信念しんねんをつらぬきました。

     戦争せんそうわり、病気びょうきなどでくなったドイツへい墓碑ぼひ地域ちいき住民じゅうみんつけ、大切たいせつまもってきました。そのはなしがドイツにつたわり、ドイツへいたちやその家族かぞくから寄付金きふきん資料しりょうあつまり、72ねんにドイツかん建設けんせつされました。鳴門市なるとしでは6がつついたちを「第九だいく」のさだめ、毎年まいとしがつだい日曜日にちようびに「第九だいく」を演奏えんそうしてきました。

     1ついたちひらかれた「よみがえる第九だいく」は、100年前ねんまえ開演時刻かいえんじこくわせて午後ごご時半じはんごろからはじまりました。当時とうじおな男性だんせいだけの合唱団がっしょうだん歌声うたごえひびかせ、ドイツへい松江所長まつえしょちょう子孫しそんやく1200にんみみかたむけました。ドイツへい子孫しそんのマリオン・ズーア・モイリヒさん(64)は「当時とうじひとはどんなおもいでいていたのだろうと、感慨深かんがいぶか気持きもちだった」。松江所長まつえしょちょうまご行彦ゆきひこさん(71)は「ドイツ兵士へいし子孫しそんのみなさんからはなし実際じっさいくことができました。ひと全面的ぜんめんてき信頼しんらいする祖父そふ信念しんねんが、文化ぶんかえて理解りかいしてもらえていることを実感じっかんした」とはなしていました。ドイツ館前かんまえ広場ひろばには、あらたに松江所長まつえしょちょう銅像どうぞうがつくられました。

     けん鳴門市なるとしは、当時とうじ写真しゃしん公演こうえんプログラムなど資料約しりょうやく730てん戦時下せんじか国境こっきょうえた交流こうりゅうのあかしとして、国連教育科学文化機関こくれんきょういくかがくぶんかきかん(ユネスコ)の「世界せかい記憶きおく」(世界記憶遺産せかいきおくいさん)に登録とうろくすることを目指めざしています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
    4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
    5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです