メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育無償化

「十把一からげ」で対象拡大 国基準満たさない施設を利用料補助の対象に

幼児教育・保育無償化の有識者会議の報告書に目を落とす林雄一郎さん=埼玉県川口市で6月7日、横田愛撮影

 安倍晋三首相の肝煎りで来年10月に始まる幼児教育・保育の無償化で、認可外保育施設について「最低ライン」を定めた国の「指導監督基準」を満たしていない施設も、5年間は利用料補助の対象となった。線引きによる混乱を避ける狙いとみられるが、制度は突貫工事で作られた。保育事故の遺族からは、子どもの安全が置き去りになると憤りの声が上がっている。【横田愛】

 「事故が起きたときにだれが責任を取るのか」「『5年の猶予期間』でごまかしている」。自民党本部で5日…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです