メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

池尻本店 おわん(和食/池尻大橋)|滋賀県産近江米に惚れた店主が魅力を引き出す炊き込みご飯

情報提供:まとメシ

おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。

池尻本店 おわん(最寄駅:池尻大橋駅)

直送されるコシヒカリは水分量が多く、しっとりモチモチとした食感が特長。利尻昆布と花カツオを使った一番ダシをベースに炊き上げる。献立内容は基本的に月ごとで変わるが、この炊き込みご飯は人気のため、11月もメニュー入りした逸品。冬場はカニやウニ、ホッキ貝などの炊き込みご飯が登場する予定だ。

ほたて貝と木の子の炊き込みごはん 1944円(約2人前)

ホタテは新鮮で大ぶりなものを殻付きで入荷し、ヒモなど丸ごと投入。アクセントになっている針生姜とキノコの旨みも手伝い、ずっと食べていたいほど繊細な美味しさ。土鍋は伊賀焼の陶板鍋を使用

小豆島オリーブと塩豚のポテトサラダ 1080円

大評判のポテサラ。希少な小豆島のオリーブの実を使った香り高い一品。自家製塩豚の塩みとわさび菜のピリッとした風味が魅惑的

お店からの一言

代表 近藤邦篤さん

「ゆっくりと食と酒を楽しんでいただける店造りをしています」

池尻本店 おわん

[住所]東京都世田谷区池尻2-26-7 [TEL]03-5486-3844 [営業時間]18時~24時(23時LO)、土17時~24時(23時LO)  [休日]日・祝 [席]18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代864円別 [交通アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅南口から徒歩4分

電話番号 03-5486-3844
2017年12月号発売時点の情報です。

関連記事

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業
京都の味を荒木町で堪能|宮わき(和食/四谷三丁目)
焼肉ホルモン 青一|西日本随一の産地から直送極上牛肉に負けない米の甘みと香り(焼肉/青山一丁目)
南渋谷 なみの上(和食/渋谷)|「居酒屋以上割烹未満」を標榜する渋谷の和食店。
三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]