メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

ならや|知っておくと重宝する!創業時から人気のカレー南蛮そば(そば/池袋)

情報提供:まとメシ

 33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。

ならや(最寄駅:池袋駅)

コクのある辛さに導く手間暇かけたルウが決め手 「常に研究を重ね、作り方を見直しています」と話す店主・奈良順一さんの真摯な姿勢が垣間見える。さらに、7年前に日本料理店で修業した2代目となる息子の卓也さんが加わってから、「ふぐ天とすだちのおろし香味蕎麦」1000円(11月~4月)など季節限定の蕎麦のファンも増えた。無農薬・放し飼いの鴨肉を使った料理や旬の食材を使った一品料理も充実し、蕎麦前もますます楽しく。知っておくと重宝する一軒だ。

カレー南蛮(豚肉) 850円 (小ライス付き)

鴨と蕎麦の実のパテ 550円

蕎麦の実を粗く挽き、粗挽きの鴨肉と合わせて蒸し焼きにした「鴨と蕎麦の実のパテ」(550円)。粒マスタードや自家製のネギ味噌を付けて味わう

にしんそば 1100円

にしんが別添えの「にしんそば」(1100円)。煮て休ませるといった工程を繰り返し、20時間ほどかけて仕上げたにしんは、口の中でほろほろと崩れ、やさしい甘みが滲み出す

お店からの一言

店主 奈良順一さん(左) 2代目・卓也さん

「食材も作り方も新しいことにどんどん挑戦します」

ならや

[住所]東京都豊島区東池袋1-17-11 パークハイツ池袋1階 [TEL]03-3984-6705 [営業時間]11時~16時、17時~21時(20時半LO、11時~21時の営業の日もあり。日・祝~16時)※ランチタイム有 [休日]土 [席]26席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩6分

電話番号 03-3984-6705
2017年12月号発売時点の情報です。

関連記事

明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で|朝松庵(そば/中目黒)
泰明庵(そば/銀座)|セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める
新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)
恵比寿で常識にとらわれない新機軸な蕎麦!カルボナーラ蕎麦が美味!
green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです