メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米オープン

マキロイ、スピースとミケルソンが同組で回る(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

【今週はこの組に注目!】全米オープン

マキロイも現在調子を上げてきており、タイトル奪還に燃えている Photo by Sam Greenwood/Getty Images

PGAツアー第33戦 全米オープン/ニューヨーク州 シネコックヒルズGC

 全米オープンが14年ぶりにシネコックヒルズに戻ってくる。このコースでの開催は5回目だが、話題は豊富だ。

 土曜日に48歳になるフィル・ミケルソンは2年ぶりの参戦。キャリア・グランドスラム達成のために残るこのタイトルの獲得に躍起だ。

 ダスティン・ジョンソンは、イーグル・フィニッシュで6ストローク差をつけてフェデックス・セントジュード・クラシックで優勝し、世界ランキング1位に返り咲いた。

 メジャー4勝しているロリー・マキロイは、ジェイソン・デイ、タイガー・ウッズ同様、再びメジャーチャンピオンとなることを目指して参戦する。一方、パトリック・リード、ジャスティン・トーマス、そして奇妙なほど静かなジョーダン・スピースは、この12ヶ月間で2つめのメジャータイトルを目指す。

 ディフェンディング・チャンピオンのブルックス・ケプカは、手首の負傷から復帰後、プレーヤーズ選手権で11位タイ、フォートワース招待で2位となって、ここへ乗り込んでくる。フェデックス・セントジュード・クラシックでは30位タイだった。

 シネコック・ヒルズ(全長7440ヤード、パー70)は、レティーフ・グーセンがミケルソンとの競り合いを制して勝利した2004年とは違ったコースとなっている。長くなったが、より寛容になっているのだ。フェアウェイは当時26ヤードの幅だったが、今年は41ヤードである。グーセンは今回、地区予選を通過できなかった。1981年以降最多となる19人のアマチュアが出場する。

 それでは今週の注目組を紹介しよう。

 ※( )内は、フェデックスカップ・ランキングの順位。

ロリー・マキロイ(31)

ジョーダン・スピース(32)

フィル・ミケルソン(6)

 全米オープンとフェデックスカップで優勝した2人と、この大会に勝ってはいないが世界ゴルフ殿堂入りしている1人。ミケルソンはフェデックス・セントジュード・クラシックの最終ラウンドで65ストロークをマークし12位タイ。メモリアル・トーナメントでは13位タイだった。彼は前回のシネコック・ヒルズでは全米オープンでこれまで6回甘んじてきた2位になっている。スピースはメモリアル・トーナメントで予選落ちして、ここへやってくる。ストロークス・ゲインド:パッティングは190位だ。マキロイは、直近の2戦であるメモリアル・トーナメントと欧州ツアーのBMW選手権でトップ10を終えた。今年はアーノルド・パーマー招待で1勝を挙げている。

初 日:10番スタート午前8時2分(日本時間 木曜午後9時2分)

2日目:1番スタート午後1時47分(日本時間 土曜午前2時47分)

前週圧勝したダスティン・ジョンソンが2週連続優勝に挑む Photo by Stan Badz/PGA TOUR

ジャスティン・トーマス(1)

ダスティン・ジョンソン(2)

タイガー・ウッズ(55)

 世界ランキングで1位の座を入れ替わったばかりの2人と、かつて長期にわたり1位に就いていた1人。トーマスとジョンソンは前回全米オープンがシネコック・ヒルズで開催されたときはジュニアだったが、ウッズ(現在42歳)は出場し17位になっていた。ウッズはティ・トゥ・グリーンでは好調だが、メモリアル・トーナメント(23位タイ)ではパッティングに苦労した。ジョンソンはフェデックス・セントジュード・クラシックで圧勝し、現在もっとも調子が良い状態かもしれない。昨季のタイトルを獲り、今季もここまでフェデックスカップで1位のトーマスも、それほど悪くはない。

初 日:1番スタート午後1時47分(日本時間 金曜午前2時47分)

2日目:10番スタート午前8時2分(日本時間 金曜午後9時2分)

ヘンリック・ステンソン(40)

アダム・スコット(93)

マーティン・カイマー(211)

 3人合わせれば、グランドスラムの達成となるメジャー勝者たち。全米プロと全米オープンに勝ったマーティン・カイマー。アダム・スコットは地区予選を勝ち残って出場権を獲得。それによって2001年から続くメジャー67戦連続出場を果たす。これはセルヒオ・ガルシアの75戦に続くもの。スコットはまた、ガルシア同様マスターズに勝っている。ステンソンは全英オープンの勝者だ。フェデックス・セントジュード・クラシックでは最終日に71ストロークと伸ばせず26位タイだった。

初 日:10番スタート午後1時47分(日本時間 金曜午前2時47分)

2日目:1番スタート午前8時2分(日本時間 金曜午後9時2分)

ザック・ジョンソン(63)

シャール・シュワーツェル(71)

パトリック・リード(6)

 グリーンジャケットを獲得した3人。42歳のジョンソンは、2004年のシネコックヒルズでの大会では48位タイだった。シュワーツェルはプレーヤーズ選手権では2位タイになったが、フェデックス・セントジュード・クラシックでは78、75ストロークで予選落ち。2ヶ月前にマスターズで栄冠に輝いたリードはメモリアル・トーナメントでは29位に終わっており、ウィナーズ・サークルへの返り咲きを狙う。

初 日:10番スタート午前7時51分(日本時間 木曜午後8時51分)

2日目:1番スタート午後1時36分(日本時間 土曜午前2時36分)

松山英樹(75)

マーク・リーシュマン(20)

リッキー・ファウラー(14)

 まだメジャー未獲得のベストプレーヤー3人。マスターズを手首の負傷で逃した松山は、メモリアル・トーナメントで13位タイと復調。日本出身の男子プロ初のメジャー優勝者になると目される。リーシュマンは新しい会場であるトリニティ・フォレストで開かれたAT&Tバイロン・ネルソンで2位。マスターズを単独2位で終えたファウラーは、メジャーチャンピオンになる準備ができていると宣言。先週、婚約して以来最初のトーナメントで実現を目指す。

初 日:10番スタート午前8時13分(日本時間 木曜午後9時13分)

2日目:1番スタート午後1時58分(日本時間 土曜午前2時58分)

セルヒオ・ガルシア(106)

ジョン・ラーム(10)

ラファ・カブレラ・ベロ(53)

 スペイン人3人のパーティ。ラームは今回の出場者の中でも最も脅威となる選手。フォートワース招待では5位タイ、マスターズでは4位だった。カブレラ・ベロは今シーズンのWGC-メキシコ選手権で3位タイ、WGC-HSBCチャンピオンズで5位タイ。ガルシアと妻のアンジェラのあいだには女の子ができたばかり。彼は2004年のここでの全米オープンでは最終ラウンドで80ストロークと叩いたものの20位タイになっている。

初 日:1番スタート午後1時14分(日本時間 金曜午前2時14分)

2日目:10番スタート午前7時29分(日本時間 金曜午後8時29分)

日本からは松山英樹と小平智のほか、秋吉翔太、星野陸也が出場する Photo by Tom Pennington/Getty Images

ポール・ケーシー

小平智

ブランデン・グレース

初 日:10番スタート午前7時40分(日本時間 木曜午後8時40分)

2日目:1番スタート午後1時25分(日本時間 金曜午前2時25分)

マット・ジョーンズ

ライアン・フォックス

秋吉翔太

初 日:10番スタート午後0時30分(日本時間 金曜午前1時30分)

2日目:1番スタート午前6時45分(日本時間 金曜午後7時45分)

星野陸也

ライアン・ルムスデン

ジェームズ・モリソン

初 日:1番スタート午後2時20分(日本時間 金曜午前3時20分)

2日目:10番スタート午前8時35分(日本時間 金曜午後9時35分)


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです