メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 フランス人女性エッセイストのジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が、通訳とともに奈良・吉野の山深い森を訪れる。ジャンヌは「ビジョン」と呼ばれる幻の薬草を探していたが、旅の途中で出会った山守の智(永瀬正敏)は知らないという。ジャンヌは智の家の離れに泊めてもらい、2人は心を通わせていく。

 自然との共生、輪廻(りんね)転生、母性など河瀬直美監督の従来のテーマを突き詰め、その先にある生きることへの問いにまで言及した。海外の映画祭でも評価されるべき力作だ。「ビジョン…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです