メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陽新幹線車両破損

異音後も走行 運転士、報告せず

ボンネットが割れ、血痕のようなものが付着した「のぞみ176号」=JR新下関駅で2018年6月14日午後4時48分、本社ヘリから

 14日午後、JR西日本の山陽新幹線博多発東京行き「のぞみ176号」の先頭車両が破損した事故で、運転士が博多-小倉間で衝撃音に気付きながら、点検や報告をせず、そのまま走行を続けていたことが明らかになった。昨年12月に起きた新幹線の台車亀裂問題を受け、同社は再発防止策を盛り込んだ「鉄道安全考動計画」を発表したばかりで、「結果的に今回の事象は停車すべきだった。今後、改めて指導を徹底したい」としている。【山下貴史】

 同社によると、運転士は北九州市八幡西区の「石坂トンネル」付近で、「ドン」という衝撃音を聞いたが、そ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです