メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

原告団「治療法確立を」 接種勧奨中止5年

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの積極的な接種呼びかけが中止されて5年となった14日、接種後の健康被害を訴えて国や製薬会社に損害賠償を求めている原告団らが、東京都内で記者会見した。

 運動障害や体の痛みは続いており「元の体に戻してほしい」と診療体制の充実を求め…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです