メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犀川のほとりで

あにいもうと=室生洲々子 /石川

 祖父の小説のいくつかは、映画や舞台、テレビドラマになっている。中でも一番多く取り上げられているのが、昭和九年「文藝春秋」に発表された作品「あにいもうと」である。

 この作品は昭和二八年に、成瀬巳喜男監督、京マチ子さん主演で映画化された。この初めての映画を祖父は、とても気に入ったらしく、

多摩川園内の映畫館に「あにいもうと」を見に行く、/上映半年ぶりで初めて見たが、まづ成功したといつてよい、/成瀬監督のこまかさがよく行きとといてゐる。/監督といふものが映畫を知つてゐることでは、我々しろうとはとても追付けないものを持つてゐる。/どこがうまく行くか、受けるかを先きに見抜いてゐる。/京マチ子の聲(こえ)はたまごのように圓(まる)い。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1208文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです