メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犀川のほとりで

あにいもうと=室生洲々子 /石川

 祖父の小説のいくつかは、映画や舞台、テレビドラマになっている。中でも一番多く取り上げられているのが、昭和九年「文藝春秋」に発表された作品「あにいもうと」である。

 この作品は昭和二八年に、成瀬巳喜男監督、京マチ子さん主演で映画化された。この初めての映画を祖父は、とても気に入ったらしく、

多摩川園内の映畫館に「あにいもうと」を見に行く、/上映半年ぶりで初めて見たが、まづ成功したといつてよい、/成瀬監督のこまかさがよく行きとといてゐる。/監督といふものが映畫を知つてゐることでは、我々しろうとはとても追付けないものを持つてゐる。/どこがうまく行くか、受けるかを先きに見抜いてゐる。/京マチ子の聲(こえ)はたまごのように圓(まる)い。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1208文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです