メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

福島第2原発廃炉へ 東電、現実路線に転換 再稼働、地元反発根強く

東京電力福島第2原発=福島県上空で2018年6月14日午後1時29分、本社ヘリから

 東京電力ホールディングス(HD)が14日、福島第2原発の廃炉方針を表明したのは、地元の反発が根強く、安全対策を施しても再稼働は困難と判断したためだ。廃炉しやすい制度が整ってきたこともあり、東電はようやく現実路線にかじを切った。しかし、原発事故から7年余りが経過し、地元からは「決断が遅すぎる」と不満の声が漏れる。廃炉の具体的なスケジュールなども固まっておらず、課題は山積している。

 「(第2原発の扱いを)曖昧にすることは復興の足かせになる。これ以上引き延ばすことはできないと判断し…

この記事は有料記事です。

残り2008文字(全文2249文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです