メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日朝首脳会談

 12日の米朝首脳会談でトランプ米大統領が日本人拉致問題を提起したのをきっかけに、日朝首脳会談開催の機運が高まっている。止まっていた拉致問題の時計の針は動き出すか。北朝鮮の非核化と朝鮮半島の和平、日朝の国交正常化に向けて、日本は具体的にどのような役割を果たすことが求められているか。

非核化の具体的作業必要 藪中三十二・立命館大客員教授

 米朝首脳会談は、ついこの前まで激しく言い争っていた2人の指導者がひょう変し、固く握手した映像が何より衝撃的で、新しい時代の到来を印象づけた。これで東アジアの安全保障問題が大きく動き出すかという期待、あるいは幻想を世界に抱かせるものであり、まさに「歴史的な」会談だった。

 しかし、共同声明の中身を吟味すると、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の文言は盛り…

この記事は有料記事です。

残り4173文字(全文4525文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです