メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 米朝首脳会談の3日前、所用で長野市を訪れて郊外の皆神山(みなかみやま)へ足を延ばした。標高約650メートル。山頂部が広く平らで、ブリューゲルが描いた「バベルの塔」にちょっと似ている。

 もしや古代に造営されたピラミッドではないか。そう考えた「サンデー毎日」誌の取材班は1984年、この山で地中の電気探査などを行ったが、はっきりした結果は出なかったと思う。取材班のキャップは先月亡くなった岸井成格(しげただ)さん(元毎日新聞主筆)である。

 ワシントン支局から直接「サンデー」に来た岸井さんは、よく米国の首都にあるスミソニアン博物館の話をし…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1005文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]