メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/310 第8章 31=高村薫 田中和枝・挿画監修

 ふだん日曜日はほとんど勤務に就いている母が、今日は家にいる。それがなんだか不吉だと思う自分の神経がふつうでないのは、真弓も分かっている。それでも初めに予感した通り、父と母は朝ご飯の席で早くも一触即発の空気になったので、早々に自分のトーストとコーヒーをもって二階の自室に避難した。それが午前八時前。祖母は毎度のことながら午前六時過ぎにはもう野川公園へ写生に行ってしまったから、父母の剣呑(けんのん)な顔は見ていないが、仮に同席していたとしても、逃げ足はいつも真弓よりも速いのだ。

 予備校の宿題を開きながら、階下からかすかに聞こえてくる諍(いさか)いの声に聴き耳を立てる。聴きたい…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです