メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

保育無償、安心遠く 認可外、4割が基準未達成 「突貫」制度に批判

子どもたちが過ごす保育所では、安全確保が何より大事だ(写真と本文は関係ありません)

 <access>

 安倍晋三首相の肝煎りで来年10月に始まる幼児教育・保育の無償化で、認可外保育施設について「最低ライン」を定めた国の「指導監督基準」を満たしていない施設も、5年間は利用料補助の対象となった。線引きによる混乱を避ける狙いとみられるが、制度は突貫工事で作られた。保育事故の遺族らから、子どもの安全が置き去りになると憤りの声が上がっている。【横田愛】

 「事故が起きたときにだれが責任を取るのか」「『5年の猶予期間』でごまかしている」。自民党本部で5日…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
  2. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励
  3. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. アメフット 日大の早期復帰求める 宮川選手が要望書提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]