メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

がん化の恐れ クリスパー法に難題 スウェーデンチーム

 【ワシントン共同】遺伝子を狙い通りに操作するゲノム編集技術のうちで、最も研究利用が進んでいる「クリスパー・キャス9」で遺伝子を改変した細胞はがん化する恐れが高まるとの研究成果を、スウェーデンのカロリンスカ研究所などのチームが米医学誌に発表した。

 クリスパー・キャス9はノーベル賞確実とも言われ、医療などでの応用が期待されているが、難しい課題を突き付けら…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです