メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

企業の参入相次ぐ 新法きょう施行 シェア文化注目

 民泊のルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が15日に施行される。違法な「ヤミ民泊」をなくし、訪日外国人旅行者の受け皿とするのが新法の目的だ。将来の普及を見越し、民泊の物件を紹介する「住宅宿泊仲介業者」などには企業の参入が相次いでいる。(26面に「揺れる民泊」)

 「民泊によって(宿泊手段の)選択肢が増えるのは旅行者にとってはうれしいことだ」。スウェーデンから京都市内に観光に訪れたエンジニアのモートン・アンバーグさん(28)は、民泊仲介サイト世界最大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)を利用し、民泊マンションを予約した。「宿泊先は立地と価格などいろいろな条件を見て選びたい」と仲介サイトの使い勝手にも満足げだ。

 エアビー社は新法施行前に受け付けたヤミ民泊の予約を取り消し、混乱を招いたが、ネイサン・ブレチャージ…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです