メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線事故

運転士、異音後も走行 「異常なし」判断

 14日午後、JR西日本の山陽新幹線博多発東京行き「のぞみ176号」の先頭車両が破損した事故で、運転士が博多-小倉間で衝撃音に気付きながら、点検や報告をせず、そのまま走行を続けていたことが明らかになった。昨年12月に起きた新幹線の台車亀裂問題を受け、同社は再発防止策を盛り込んだ「鉄道安全考動計画」を発表したばかりで、「結果的に今回の事象は停車すべきだった。今後、改めて指導を徹底したい」としている。山陽新幹線は15日、始発から運行が再開された。

 同社によると、運転士は北九州市八幡西区の「石坂トンネル」付近で、「ドン」という衝撃音を聞いたが、そ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  5. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです