メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウ「お団子より少し角張っている」

「もしリュウグウに衛星があれば科学者としては非常に面白い」と話す神山徹・産業技術総合研究所主任研究員=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年6月14日、永山悦子撮影

700キロまで接近 最新画像分析

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機はやぶさ2が撮影した小惑星リュウグウの最新画像を公開した。リュウグウは球形と考えられているが、少し角があるような姿だった。吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャーは「細長い形ではなく地上からの観測と矛盾はしていないが、お団子よりも少し角張っているようだ。球形といえるかどうかはもう少し接近した画像で確認したい」と話した。はやぶさ2は順調に飛行しており、14日現在、リュウグウまで約700キロまで近付いている。到着は27日ごろを予定している。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り2488文字(全文2757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです