メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電

柏崎刈羽原発の再稼働に集中 福島第2廃炉で

 福島第2原発(福島県)の廃炉の方針を示した東京電力ホールディングスは、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働に向けて、経営資源を集中する構えだ。東電の経営計画は柏崎刈羽原発の再稼働が大前提で、実現できなければ経営再建のシナリオ自体が崩れることになる。新潟県などに対して働きかけを強めるとみられるが、地元の不信感は根強く、理解を得られるかは見通せない。

 東電は福島第2原発の廃炉費を2766億円と見積もり、このうち1975億円を既に積み立てている。未引…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文796文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 金曜ロードSHOW! 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が地上波初放送 ノーカットで
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. 露大統領 平和条約締結提案、日本が拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです