メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷選手の等身大パネル盗難 北海道・浦河町

「ファイターズコーナー」に展示された大谷翔平選手と白村明弘選手の等身大パネル。大谷選手のパネルのみが盗難被害にあった=北海道浦河町教委提供

 北海道浦河町の商業施設に展示されていた米大リーグ・エンゼルスで投打二刀流で活躍する大谷翔平選手の等身大パネルが盗まれた。道警浦河署が窃盗事件とみて調べている。

     パネルは、プロ野球・北海道日本ハムファイターズに所属していた大谷選手が、2015年に町の応援大使に決まった際、球団から贈られたもの。高さ193センチ、幅55センチ、重さ約1キロあり、足元を砂袋で固定していた。

     町は同年、ショッピングセンターMIO(ミオ)1階に「ファイターズコーナー」を開設。サイン入りボールやユニホームなど約60点と展示していた。

     町教委職員が8日昼に確認したが、12日にパネルのみが無いことに気付いたという。担当者は「大谷選手の人気は根強く、いたずらも無かっただけにショック。早く返して」と話している。【福島英博】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    4. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
    5. 東京高裁 ワンセグ、2審もNHK契約義務 受信料訴訟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]